カメラ関連のモノ・コト

Sony α7SIII 10月9日発売、これまでのa7シリーズとの比較まとめ

α7SIII

みなさんいかがお過ごしでしょうか。 本日も『僕らの暮らし』をお読みいただきありがとうございます。 管理人のYosuke (@_yosk_)です。

ここでは「暮らしを整えるアイデア」をモットーに、ちょっと暮らしを素敵にしてくれるモノ、多くの人に知って欲しい日々の生活で役に立つコトなど、僕が本当に良いと感じた「モノ」・「コト」を分かりやすく丁寧にご紹介しています。最近はガジェット系のアイテムのレビューが基本的には多いです。

ついにSonyから発表されたα7S III。

これまでのa7シリーズから機能面でも大きく飛躍し、発表初日であるのにもかかわらず、すでに購入を決意した人も多く見られます。

今回は新しく発表されたSony α7S IIIの詳しい解説に加え、Sony α7S IIやSony α7 IIIからどこが進化したのか、注目すべきポイントはどこなのかについて、これらを比較しながらお話ししていきます。

Sony α7S III

ついにSony α7S IIIが発表され、カメラに興味のある方にとっては見逃せないニュース、ぜひとも把握しておきたいところ。

Sony α7S IIIの特徴をまとめるとこんな感じ。

  • 1210万画素 Exmor R CMOS センサ
  • 4K 120pのビデオ撮影が1時間以上可能
  • ISO感度 80-102400 (ISO 40-409600)
  • 16-bit 出力のRAWビデオ撮影 (60p)
  • 940万画素の有機EL EVF
  • バリアングルタッチスクリーン
  • USB Type-CとMicro USBをダブルで搭載
  • 価格は約45万円(税込み)

最高4K 120pで1時間以上の撮影が可能

ついに最高4K 120pでの撮影が可能になりました。これは画質を追い求める沼にハマった人間にとって、あまりにも魅力的な内容。

これまでYoutubeなどの動画プラットフォームではFull HDの解像度があれば十分でしたが、これから4Kが当たり前の時代に突入していくことを考えるとおもわず手がでてしまいそうになります。

さらにCFexpress Type Aに対応したカードスロットが搭載されていることもあり、転送速度もバリバリに速い。楽しみです。

ついにバリアングル液晶を搭載

ついにSony α7S IIやSony α7 III、Sony α7R IVでは実現されなかったバリアングル液晶モニターが搭載されました。

先日発売された、YoutuberやVlogger向けのコンパクトカメラ「SONY VLOGCAM ZV-1」と同様、昨今の動画撮影ブームと顧客のニーズに合わせてバリアングル液晶が採用されています。

USB Type-CとMicro USBをダブルで搭載

地味に嬉しいのがここ。取り回し的にはType-C端子が必要なのは当然ですが、注目すべきポイントはMicro USBも同時に搭載されているという点です。

先に発売されているSony α7R IVにも同様のシステムが搭載されており、そのシステムをそのまま持ってきた、というところでしょうか。

多くの周辺機器はType-Cに移行してきているのですが、いまだにMicro USBを採用している製品も多く残っているというのが現状。

これに対応できるように両端子をボディに搭載しています。

α7シリーズ比較

Sony α7S III、Sony α7S II、Sony α7 IIIを13個の項目について比較した表を以下にまとめておきます。

α7シリーズ比較 α7SIII

α7S III

α7SII

α7S II

α7III

α7 III

センサー 1210万画素 Exmor R CMOS 1220万画素 Exmor R CMOS 2420万画素 Exmor R CMOS
プロセッサー BIONZ XR BIONZ XR BIONZ X
最大ビデオ解像度 4K 120p 4K 30p 4K 30p
感度 ISO 80-102400
(ISO 40-409600)
ISO 100-102400
(ISO 50-409600)
ISO 100-51200
(ISO 50-204800)
RAWビデオ撮影 16-bit 出力
最大色深度 10-bit 4:2:2 8-bit 4:2:0 8-bit 4:2:0
プロファイルの範囲 S-Log2
S-Log3
HLG HDR
S-Log2
S-Log3
S-Log2
S-Log3
HLG HDR
AF 759ポイント位相検出
(カバー率 92%)
169ポイント位相検出 693ポイント位相検出
(カバー率 93%)
手ブレ補正 ボディ内5軸手ブレ補正 ボディ内5軸手ブレ補正 ボディ内5軸手ブレ補正
ファインダー 940万画素の有機EL EVF 236万画素の有機EL EVF 236万画素の有機EL EVF
液晶 バリアングルタッチスクリーン チルトLCD チルトタッチスクリーン
記録メディア 2 x CFexpress Type A/SD 1 x SD 2 x SD
バッテリー NP-FZ100 NP-FZ50 NP-FZ100

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ボディのみで約45万円というかなり攻めた価格設定ですが、4K撮影の性能やバリアングルなど欲しい機能が全て詰め込まれ、その値段に見合った価値を提供してくれると予想されるSONY α7S III。

今後の展開が楽しみです。

この記事の他にも、『ちょっと暮らしを素敵にしてくれるモノ』、『知っておくと日々の生活で役に立つコト』など、僕が本当に良いと感じた『モノ』・『コト』を分かりやすく紹介しています。気になる方はぜひいろいろ見てゆっくりしていってくださいね。

また次回の記事でお会いしましょう。それでは。

Canon EOS R5とEOS R6の10の違いを徹底比較 2020年7月9日、CanonからEOS R5とEOS R6が発表されました。 EOS R5は事前情報でも言われていたように、Can...
【作例多数】Nikon newFM2 初心者にも上級者にもおすすめできるフィルムカメラ。【作例あり】Nikon newFM2 この色味、雰囲気、まさに僕が求めていたモノ。以下では実際に僕がNikon newFM2を使って撮った作例をご紹介。 フィルムカメラを買おうか迷っている方などはぜひ参考にしていただけると嬉しい。...
SONY ZV-1とOsmo Pocketを徹底比較【Youtube・VLOG】 SONYから発売されているVlogger、Youtuber向けカメラ「VLOGCAM ZV-1」。多くのYoutuberがZV-1...
クリエイター / フォトグラファー
Yoco(ヨーコ)
【interior, architecture, gadget, camera, fashion】に目が無い京都在住のモノ好き。暮らしを整える「良いデザイン」のモノ・コトを紹介しています。〔 Engineering and Design at Kyoto Univ. 〕
\ Follow me /