iPad関連のモノ・コト

【現役大学生が大絶賛】おすすめのiPadでPDFに書き込み・編集ができるアプリ7選

iPad、特にiPad Proは、人によってはノートパソコンの代わりにもなりますが、iPadの最も優れた点の一つは、PDF文書やフォームの表示、編集、注釈、マークアップに最適であるということです。ノートパソコンではなくiPadであれば、Apple Pencilを使って、実際のペンや紙と同じように作業ができるので、より簡単に編集が可能。しかし、App Storeにはたくさんのアプリが溢れているので、完璧なアプリを探すのは大変だと思います。そこで、京大生の私が勉強する中で実際に試したiPad用のPDF編集アプリを7つご紹介します。

こんな人におすすめ!
  • iPadで勉強・資料の編集をやりたい
  • iPadとApple Pencilで手書きでPDFに書き込みたい
  • iPadを買ったばかりで、良い編集アプリを探している

Markup

Macには搭載されているプレビュー機能はiPadにはまだ存在しないかもしれませんが、その優れたマークアップおよび注釈ツールは、iOSでは拡張機能としてシステムワイドに利用でき、これはiOS 11以降も同様です。マークアップエクステンションは、特定のアプリケーションの「共有」ボタンまたは新しい「マークアップ」ボタンを押すと起動します。また、メールの添付ファイルをタップしたり、スクリーンショットを撮ったりすることでも起動します。

マークアップのインターフェイスでは、ペン、蛍光ペン、鉛筆による表記に加えて、四角、円、矢印、引用符などの基本的な図形を追加することができます。また、画像や文書に拡大鏡を落としたり、テキストや署名を追加することもできます。さらに、これらの機能はすべてiOSに直接統合されているので、追加のアプリケーションは必要ありません。

PDF Viewer

PDF Viewerは、すっきりとしたシンプルなインターフェイスとパワフルな注釈ツールを備えています。iOSのマークアップツールでは物足りないが、PDF ExpertやLiquidTextのような強力なアプリケーションは必要ないというユーザーにとっては、完璧な中間的存在と言えるでしょう。

一般的なPDFアプリケーションのインターフェイスは、膨大な数の注釈オプションのせいもあり、ユーザーにはしばしば困難に見えますが、PDF Viewerは誰でも使いやすいようにスマートに簡素化されています。AppleのiWorkを参考にしたこのアプリは、使用している機能に応じて一連のネストされたビューを提供します。注釈ボタンをタップすると、注釈モードに切り替わり、様々なツールが分かりやすくアイコン化されて表示されます。

ただしPDF Viewerは、PDF内のページの再配置、削除、空白ページの挿入も可能ですが、高度な組み合わせ機能(複数のPDFの結合や既存のPDFページの文書への追加など)はありません。

PDF Expert

万能なPDFマークアップ・注釈アプリを求められた場合、私はReaddleとPDF Expertを紹介することが多い。無料のダウンロード版では、基本的なPDFの読み取り、注釈、デジタル署名が可能ですが、アプリ内課金で入手できる高度なツールで真価を発揮します。

よく使う機能にカスタマイズ可能な「スタンプ」を作成したり(コピーエディターの味方です)、PDFの構造を編集したり、複数の文書をまとめてzip圧縮したり、ファイルをパスワードで保護したり、iCloudと同期したりすることができます。Proにアップグレードすると、これらのツールがさらに進化し、PDFを実際に開いてその場で編集できるようになります。印刷用の校正刷りにスペルミスがあった時などにその本領を発揮します。

iPadでInDesignに戻ることができなくても、PDFの中で修正することができます。

PDF Expertが提供する全ての機能を必要とする人はほとんどいないかもしれませんが、このように複雑で機能的なアプリがiOSに存在することはとても素晴らしいです。

LiquidText

LiquidTextは、プロジェクト、小説、研究論文、そして図書館のために作られています。弁護士でMac愛好家のデビッド・スパークス氏は、「長いPDF文書をよりよくレビューするためのアイデアに基づいて設計されている」と説明しています。研究を整理するためのより良い方法、それがこのアプリなのです。

LiquidTextの核となるのは、長い文書に注釈を付けるという問題に焦点を当て、市場に出回っている他のPDFアプリとは全く異なる方法で注釈を付けるための多くのツールをユーザーに提供していることです。マルチタッチジェスチャーを使って、ドキュメントの大きなセクションをピンチインすることができます。例えば、導入部の論文と中間部の論点を並べて、点と点がきちんとつながっているかどうかを確認できます。また、切り抜きやポストイットのような注釈を文書から取り出して整理したり、画面の右側に並べてリンクさせることもできます。これらすべてが、LiquidTextのスピーディでシンプルなUIのおかげで、簡単に、完全に活用することができます。

Apple Pencilを使えば、文書を確認する際に、特定のジェスチャーで注釈を強調したり、引き出したりすることができ、さらにアプリとしての効果を発揮します。このようなワークフローを必要としている人にとって、LiquidText以上のアプリはありませんし、おそらくこれ以上のワークフローもないでしょう。

iAnnotate 4

PDFやドキュメントの生産性を最大限に高めたいですか?そういった方はぜひ「iAnnotate」をの使用を検討するといいでしょう。

iAnnotate 4は、PDFや文書を開いて表示するといった基本的な機能を備えていますが、このアプリでは、思っている以上に多くのことができます。

iAnnotateの最大の魅力は、iPad Proのマルチタスクに対応していることで、2つの文書を並べて見ることができます。Apple Pencilを使用すると自動的にアノテーションが行われ、パン、ズーム、スクロールを指で自由に操作できるので、ツールの切り替えが不要で、効率的に作業を進めることができます。効率を最大限に高めたい場合は、キーボードショートカットも用意されています。

ドキュメント上のすべてのマークアップを直接保存できるので、外部のPDFリーダーでマークアップを見ることができます。平坦化機能は、注釈を文書に圧縮し、修正を防ぐ機能です。文書に複数の署名が必要な場合には、Flatten機能により他の人による不正な修正や変更を防ぐことができるので、とても便利です。

iAnnotate 4はサブスクリプションではなく1回限りの購入で、アプリ内課金の心配はありません。

Adobe Acrobat Reader for PDF

Adobe Acrobat Readerをご存知の方は多いと思いますが、実はiOSでも利用でき、Apple Pencilにも対応していることをご存知でしょうか?

Adobe Acrobat Readerがあれば、AdobeのScanアプリをはじめ、どこからでも素早くPDF文書を開いて見ることができます。そのPDFにApple Pencilで直接注釈を加えることができます。つまり、ハイライト、マークアップ、コメント、文書への描画など、あらゆることがAcrobat Readerで可能になるのです。さらに、フォームへの記入や署名も簡単に行えます。これは、iPadにPDFアプリケーションを搭載する最も一般的な理由の一つでしょう。

Adobe Acrobat Readerは、基本的な機能は無料で利用できますが、PDFの整理・編集、書き出しオプション、圧縮、結合など、より多くの機能を利用するにはサブスクリプションが必要になります。

PDFelement

もし、シンプルで無料で仕事をこなせるものを探しているなら、PDFelementはチェックすべきです。(このアプリを無料で使用するためには、Wondershareへのアカウント登録が必要です。)

PDFelementを使用すると、簡単にiPad、あるいはiPhone上で右のPDFを表示および編集することができています。注釈やマークアップの機能としては、ハイライト、下線、取り消し線、テキストボックス、コールアウト、スタンプ、フリーハンドでの描画などがあります。また、フォームへの入力や署名、PDFと他のファイルフォーマットとの変換、PDFファイルの作成や結合など、さまざまな機能を備えています。

PDFelementは、ほとんどの機能を無料で利用できます。しかし、アプリ内課金により、より高度な機能を手に入れることができます。

個人的なおすすめはPDF Viewer

色々なPDF編集アプリを使用してきましたが、個人的には「PDF Viewer」が一番使いやすかったです。

理由として、

  • 日本語に対応している
  • ダークモードが嬉しい
  • インターフェースが簡潔で初めて使う時でも簡単に使用できる

といった点が挙げられると思います。ただ、「PDF Viewerが最強だ!完璧!」というわけではなく、やはり少し使いにくい部分もあったので、そこはご自身の使い方に適したアプリを自分で試して探し出すのしかないのかなと感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は

  • Mark Up
  • PDF Viewer
  • PDF Expert
  • LiquidText
  • iAnnotate 4
  • Adobe Acrobat Reader for PDF
  • PDFelement

について紹介しました。個人的にはPDF Viewerが使いやすかったですが、初めの段階では一つのアプリに絞らず、いろいろ試してみて自分の使い方に合うものを選ぶのが一番良いのかなと思います。

この記事の他にも、『ちょっと暮らしを素敵にしてくれるモノ』、『知っておくと日々の生活で役に立つコト』など、僕が本当に良いと感じた『モノ』・『コト』を分かりやすく紹介しています。気になる方はぜひいろいろ見てゆっくりしていってくださいね。

また次回の記事でお会いしましょう。それでは。